[競馬 予想]ジャパンカップ 血統診断

ジャパンカップで好走している血統を紹介します。

2018 ジャパンカップ

枠番 馬名 種牡馬
(母父)
騎手 人気
1 1 アーモンドアイ ロードカナロア
(サンデーサイレンス)
ルメール 1
2 8 キセキ ルーラーシップ
(ディープインパクト)
川田将雅 4
3 11 スワーヴリチャード ハーツクライ
(Unbridled’s Song)
M.デム 2

2017 ジャパンカップ

枠番 馬名 種牡馬
(母父)
騎手 人気
1 1 シュヴァルグラン ハーツクライ
(Machiavellian)
ボウマン 5
2 2 レイデオロ キングカメハメハ
(シンボリクリスエス)
ルメール 2
3 4 キタサンブラック ブラックタイド
(サクラバクシンオー)
武豊 1

2016 ジャパンカップ

枠番 馬名 種牡馬
(母父)
騎手 人気
1 1 キタサンブラック ブラックタイド
(サクラバクシンオー)
武豊 1
2 12 サウンズオブアース ネオユニヴァース
(Dixieland Band)
M.デム 5
3 17 シュヴァルグラン ハーツクライ
(Machiavellian)
福永祐一 6

2015 ジャパンカップ

枠番 馬名 種牡馬
(母父)
騎手 人気
1 15 ショウナンパンドラ ディープインパクト
(フレンチデピュティ)
池添謙一 4
2 6 ラストインパクト ディープインパクト
(ティンバーカントリー)
ムーア 7
3 1 ラブリーデイ キングカメハメハ
(ダンスインザダーク)
川田将雅 1

2014 ジャパンカップ

枠番 馬名 種牡馬
(母父)
騎手 人気
1 4 エピファネイア シンボリクリスエス
(スペシャルウィーク)
スミヨン 4
2 1 ジャスタウェイ ハーツクライ
(Wild Again)
福永祐一 3
3 15 スピルバーグ ディープインパクト
(Lycius)
北村宏司 6

2013 ジャパンカップ

枠番 馬名 種牡馬
(母父)
騎手 人気
1 7 ジェンティルドンナ ディープインパクト
(Bertolini)
ムーア 1
2 9 デニムアンドルビー ディープインパクト
(キングカメハメハ)
浜中俊 7
3 5 トーセンジョーダン ジャングルポケット
(ノーザンテースト)
ビュイック 11

2012 ジャパンカップ

枠番 馬名 種牡馬
(母父)
騎手 人気
1 15 ジェンティルドンナ ディープインパクト
(Bertolini)
岩田康誠 3
2 17 オルフェーヴル ステイゴールド
(メジロマックイーン)
池添謙一 1
3 13 ルーラーシップ キングカメハメハ
(トニービン)
ウィリアムズ 2

2011 ジャパンカップ

枠番 馬名 種牡馬
(母父)
騎手 人気
1 2 ブエナビスタ スペシャルウィーク
(Caerleon)
岩田康誠 2
2 16 トーセンジョーダン ジャングルポケット
(ノーザンテースト)
ウィリアムズ 6
3 1 ジャガーメイル ジャングルポケット
(サンデーサイレンス)
四位洋文 14

2010 ジャパンカップ

枠番 馬名 種牡馬
(母父)
騎手 人気
1 6 ローズキングダム キングカメハメハ
(サンデーサイレンス)
武豊 4
2 16 ブエナビスタ スペシャルウィーク
(Caerleon)
スミヨン 1
3 2 ヴィクトワールピサ ネオユニヴァース
(Machiavellian)
ギュイヨン 8

2009 ジャパンカップ

枠番 馬名 種牡馬
(母父)
騎手 人気
1 5 ウオッカ タニノギムレット
(ルション)
ルメール 1
2 10 オウケンブルースリ ジャングルポケット
(Silver Deputy)
内田博幸 2
3 6 レッドディザイア マンハッタンカフェ
(Caerleon)
四位洋文 6

過去10年の1~3着馬の種牡馬(母父馬)を一覧にしてみました。

上位の種牡馬がこちら

種牡馬 着数 勝率 連対率 複勝率
1 ディープインパクト 3-2-1-14 15% 25% 30%
2 ハーツクライ 1-1-2-9 7.7% 15.4% 30.8%
3 キングカメハメハ 1-1-2-8 8.3% 16.7% 33.3%
4 スペシャルウィーク 1-1-0-2 25% 50% 50%
5 ブラックタイド 1-0-1-0 50% 50% 100%
6 ロードカナロア 1-0-0-0 100% 100% 100%
7 タニノギムレット 1-0-0-0 100% 100% 100%
8 シンボリクリスエス 1-0-0-0 100% 100% 100%
9 ジャングルポケット 0-2-2-10 0.0% 14.3% 28.6%
10 ネオユニヴァース 0-1-1-4 0.0% 16.7% 33.3%

 

今回のジャパンカップに特別登録をしている全頭の種牡馬。種牡馬別で分けて見ました。

ディープインパクト産駒

・マカヒキ

・ジナンボー

・ワグネリアン

・カレンブーケドール

ハーツクライ産駒

・シュヴァルグラン

・スワーヴリチャード

・タイセイトレイル

キングカメハメハ産駒

・ダイワキャグニー

・レイデオロ

・ユーキャンスマイル

カンパニー産駒

・ウインテンダネス

ステイゴールド産駒

・ルックトゥワイス

・エタリオウ14

ルーラーシップ産駒

・ダンビュライト

・ムイトオブリガード

 

カンパニー産駒は過去出走0-0-0-1

ステイゴールド産駒は過去出走0-1-0-10

ルーラーシップ産駒に関しては2018年キセキの2着で0-1-0-0となっています。

ルーラーシップ産駒に関しては未知数なのでわかりませんが、注意をしてみてもいいかもしれません。